DO-MANNAKA de Alternative

走るポップ・リスナー、その魂のゆくゑ

SUMMER SONIC 2019 day2 Part.2

ここからはメッセに移動。
マリン→メッセの歩道は、マキシマムザホルモンなどの黒バンTシャツを着た人の大移動中でした。やはりこの辺の層が今日のサマソニをチケットの売れ行き面を支えてくれてましたね。


Tom Walker(@Sonic Stage, 14:10〜14:50)

ほぼ同時間帯のceroと悩みましたが、めったに観れないものを観ておきたい!という思いからTom Walkerをチョイス。
音源聴いた感じでは、いまUKで爆売れ中のLewis Capaldiのように1曲1曲淡々とやる感じかな?と予想していたのですが、いい意味で予想を裏切られました。オーディエンスの反応をしっかり見ながら、ステージ左右に歩み出てアプローチをかけていくステージングは集まったお客さんたちを確実に盛り上げていましたし、楽曲も「タメ」と「キメ」がしっかり効いている。特にラストの「Leave a Light On」は、ビッグバンともいうべき爆発力がありました。
UKではチャート1位も獲り、大きなステージも経験しているだけに、今後日本でもメインステージに登れるようになってくれたらいいな…!という希望を抱くには十分なパフォーマンスでした。


Deaf Havana(@Rainbow Stage, 15:10〜15:20)

ビーチから走ってきたこともあって、ここで一旦休憩。着替えてからカロリーメイト(←私にとってフェスに欠かせないアイテムのひとつ)をモシャモシャやりながら軽く観ました。
もともとハードコアバンドだっただけに演奏のパワーはありましたが、それが曲の良さに直結しておらず中途半端な印象。もろにKings of Leonな「Holy」など、アイデアも限られている感じがして、正直「この先難しそうだな、このバンド…。」と思ってしまいました。変化するなら、この後登場するBring Me The Horizonのような思い切りと明確なメッセージ性がないと厳しいかも。


Coin(@Sonic Stage)

ここで観れなかったら次はない!絶対観ないと!くらいの心持ちで臨んだCoinでしたが、1曲目の「Growing Pains」から「なんか音、薄くないか…?」という違和感が。
シンセサウンドを生かしたポップな音が持ち味のはずなのに、シンセは1台しか置かれていないし、それもほとんど弾かないんですよね。残念。

f:id:flea86:20190822213406j:plain
△Coin

Machine Gun Kelly(@Mountain Stage)

f:id:flea86:20190822213449j:plain
△Tash Sultana

f:id:flea86:20190822213532j:plain
f:id:flea86:20190822213558j:plain
Red Hot Chili Peppers

SUMMER SONIC 2019 day2 Part.1

2019年8月17日(土)

2年振りのサマソニ
今年は20周年記念で3日間開催でしたが、3日間全力で行ってたら身体がもたないことと、新婚旅行後でお金が無いことから、最も観たいアクトが揃っていた2日目のみ参加しました。

f:id:flea86:20190821204819j:plain

《観たアクト》
Johnnivan
東京スカパラダイスオーケストラ
TELEx TELEXs
10-FEET
Stamp
CHAI
Tom Walker
Deaf Havana
Coin
Machine Gun Kelly
Tash Sultana
Bring Me The Horizon
Foals
Red Hot Chili Peppers
【NF in Midnight Sonic】
The Cinematic Orchestra
D.A.N.
Akufen
サカナクション
Floating Points(DJ set)


ご覧のように大量のアクトを観たので、記事も数ブロックに分けたいと思います。まずはPart.1、主に日中のマリンスタジアム側で観たライブの感想です。


Johnnivan(@Sonic Stage、10:00〜10:20)

今年の出れんの⁉︎サマソニ⁉︎勢で、最も「いやいや普通に出れるでしょ」と思う実力を持つJohnnivan。
Franz Ferdinand〜The 1975に至るまでのUKロックの歴史に、それより少し前のニューウェーブ・ポストパンクのテイストが絡み合ったようなサウンド。しかしメンバーにはUK出身者はいない(※メンバーは日本、韓国、アメリカの各国出身)というのがまた面白い。
ボーカルのジョナサンが「サマソニに出られて嬉しいです、Foalsの前座が出来たと言えるので」と言っていて、Foalsファンのこちらも嬉しくなりました。

f:id:flea86:20190821204844j:plain
△Johnnivan


東京スカパラダイスオーケストラ(@Marine Stage、11:00〜11:35)

スカパラ×フェス×メインステージのトップバッター、といえば2013年のCoachella。
https://youtu.be/r84J9CMNLr8
今回も初っ端から抜群の盛り上がり。活動30周年というキャリアも相まって、この人たちに任せておけば大丈夫!という信頼感100%のステージでした。
中盤には事前発表通りMr.Children桜井和寿さんも登場して「リボン」を熱唱。サマソニミスチル、というと例の地蔵問題で苦い思いを抱えている音楽ファンも多いと思いますが、今回桜井さんが叫んだ「サマソニー!」の声が少しでも融和に繋がればいいな、と思いました。


TELEx TELEXs(@Billboard Japan Stage、11:50〜12:30)

今年のASIAN CALLING2日目のテーマは、最近国際的な音楽フェスも増えて音楽先進国の仲間入りを果たしつつあるタイのアーティストたち。
先陣のTELEx TELEXsは、エレクトロ・ポップの基盤にタイ語の歌(時々ラップも)が綺麗に乗る、聴いていて気持ちの良いダンサブルなサウンド。しかし単なる欧米のエレポップの模倣には陥らず、独特の濃密さも含まれていたのがグッときました。この濃密さは、おそらく複雑な男女の関係をテーマにした歌詞に引き寄せられている部分もあるのでしょう。タイ語をきちんと理解できればもっとハマっちゃうかもしれないな…!と思いました。


10-FEET(@Marine Stage、12:30〜12:40)

日本のスカパンクを長年支えているバンドゆえにちょっとでも観たいな、と思って急いでマリンへ。結果、「その向こうへ」「VIBES BY VIBES(高速版)」「RIVER(サビ1行だけ。時間がないときのRIVER、と呼ばれているらしい)」以上だけ観れました。
自らもフェス主催者だからか、持ち時間厳守の意識がめちゃくちゃ高いな…!と思いました。ガンズとかに見習わせたいです(笑)。


Stamp(@Billboard Japan Stage、13:05〜13:15)

次のCHAIが観たかったのでちょっとだけ。タイのアーティスト2組目、先ほどのTELEx TELEXsとはまた違って今度はポップスター感がすごい。こんな小さいテントステージに出してしまってすいません、ついでにぼんやりフェス飯食いながら見ちゃって尚更すいません…!バンドメンバーを通訳がわりにしたやり取りも面白かったです。
今回のASIAN CALLINGタイ特集、(観られなかったPhumくんも含めて)クオリティの高さが際立ってました。これは約20年前、フジやサマソニが始まってからロックを中心に格段に質が向上した日本の音楽シーンと重なる部分があります。タイだけではなく台湾・インドネシアなどにもこの傾向があるので、今後はアジア全体の音楽シーンの発展・交流にも期待したいところ。来年はサマソニもアジア再進出を目指しているらしいですしね。


CHAI(@Beach Stage、13:20〜14:00)

もはや当たり前に海外で活躍するようになったCHAI。そのことが逆にパフォーマンスの固定化につながってしまい、最近はちょっとずつ面白みが減ってきてしまったかな…という気も。実際、4月に観たライブはかなり淡々と終わってしまった感じでしたし。
ただ、さすがに場数をこなしているだけあって、今回はお客さんたちをグイグイ引っ張るグルーヴの強さがありました。そしてPhoenix「J-Boy」をインスパイアした「カーリー・アドベンチャー」からは、完全にCHAIの独壇場!謎のモサモサ衣装をまとって踊りまくる「THIS IS CHAI」から、彼女たちなりの強い願いを込めた「フューチャー」「sayonara complex」で締める展開は、今のCHAIじゃないと出来ない逞しいパフォーマンスでした。これからもガンガン海外で頑張っていってほしいです。

f:id:flea86:20190822213328j:plain
CHAI

Awesome City Club "Awesome Talks -One Man Show 2019-" @Studio Coast

f:id:flea86:20190420215350j:plain

最近のAwesome City Clubは、King GnuやSIRUPをはじめとする国内新世代アクトと比べると曲がポップ過ぎ、一方で普通のJ-ROCK/J-POPファンにはお洒落でハイソ過ぎるという、レコード会社的には非常に推しづらい(セールスも実際伸び悩んでいる)立場に立たされているような気がします。
加えて、昨年はatagiさんが喉の手術の影響であまり歌えておらず、フジロックをはじめとするライブであまりいい印象を残せていない。そんな状況でのワンマンツアー、一体どういうライブになるのか・・・結果的には、色々な杞憂を吹き飛ばす素晴らしいライブになりました。今後も期待大!!

SYNCHRONICITY'19

今年はついに2days開催になったSYNCHRONICITYへ。初日は仕事だったため、2日目のみ参加でした。

f:id:flea86:20190409070842j:plain

移動経路は、以下の通りです。

Ko Umehara(east sub) 13:00-13:35
SIRUP(duo) 13:50-14:10
長谷川白紙(crest) 14:15-14:55
バレーボウイズ(nest) 15:00-15:15
CHAI(east) 15:20-16:00
THREE1989(asia) 16:10-16:50
Bearwear(glad) 17:00-17:10
UDD(asia) 17:15-17:55
1inamillion(east sub) 18:00-18:10
TOKYO HEALTH CLUB(nest) 18:25-18:40
DATS(west) 18:45-19:20
TENDOUJI(asia) 19:25-20:10
ZAZEN BOYS(east) 20:15-20:40
Attractions(nest) 20:45-21:05
tricot(west) 21:10-22:00
渋さ知らズオーケストラ(east) 22:00-22:30

9時間半で16アクト。観たかったTempalayとTENDREが入場規制に阻まれてしまいましたが、まあまあの周り方ができました。

Cloud Nothings @O-EAST

【俺たちのクラナシ】でおなじみ(?)、オルタナキッズ達のヒーローと化しつつあるディラン・バルディ率いるCloud Nothingsの『Last Building Burning』ツアー東京公演に行きました。
前回の『Life Without Sound』ツアーは全体的に小慣れた演奏で、かつクラナシの出世曲のひとつである「Wasted Days」をやらなかったため、正直かなり不完全燃焼でした。攻撃力の強かった『Last Building B urning』を経て、演奏は変わっているのか?そして「Wasted Days」はあるのか?この辺りが個人的焦点でした。


Kings of Leonの『Only By The Night』がシャッフルで流れる中、まずは前座のLOSTAGE
Cloud Nothingsとは世代が少し上ですが、80〜90年代のオルタナティブロックに影響を受けたという点では全く一緒。演奏もクラナシに備えている耳にしっくりくる(というか逆にクラナシより絶対に上手い)サウンドで、フロントアクトとして最高の選出でした。ありがとうございます、SMASHの担当者様!
個人的にはLOSTAGEを生で観るのは五味アイコンの本出版イベント(懐!)以来で『ECHOES』以降のアルバムは全く聴いていない、という有り様だったのですが、昔と比べると軸は変わらずレンジと安定度が増した感じがしました。五味弟のトーンいじりが特に良かったです。


LOSTAGE終了後、ドラムセットが半分近くなくなって「ああ、クラナシのライブにきた!」という実感を得てから、転換たったの15分でCloud Nothingsスタートです。
今回のツアーは前半が『Last Building Burning』の完全再現、後半が過去曲からの選抜という構成。投げやりでこういう構成にしている可能性も無きにしも非ずだと思っていたのでどうなのかな?とちょっぴり不安だったのですが、「Hi!」ご機嫌で登場してきたディランくん、そして1曲目「On An Edge」の切れ味鋭い演奏で一気に不安は一掃されました。
お客さんの間ではまだまだ新作の浸透には時間がかかっているようで、モッシュが起こるような展開にはならず。しかし「Leave Him Now」や「Another Way Of Life」あたりはキャッチーで今後定着しそうだし、「Dissolution」のインプロもこれまでのインプロ曲とは違って"静"を押し出したものでなかなか新鮮でした。
最後はディランくんが「気に入ったらタワレコで買ってね!」と、未だタワレコが存在する日本ならではのジョークで締めた新作再現ライブ。新作をまるまるやる、というライブをあまり見た記憶がないので、新鮮でした。


「Modern Act」で始まった後半パートは、まさにクラナシ完全圧勝!という感じ。走りまくるリズム隊が焦燥を煽り、そこにグッドメロディと叫びが同居する、そこにお客さんたちも反応する・・・ロックライヴの最高の形がそこにありました。特にラスト2曲、「Stay Useless」と「I'm Not Part Of Me」は完全に"みんなのうた"と化してました。すごかった。


そして懸念だったアンコール。あるのか・・・あるのか・・・?とソワソワしながらOne More Song!のシュプレヒコールで何とかバンドを引き摺り出そうとするお客さんたち(と私)。
そして・・・出てきたーー!!ということは「Wasted Days」だーー!!ぎゃーー!!!!


・・・というわけで、あとは激しいインプロにまみれながら完全燃焼でした。ありがとうクラナシ

yule oneman show "Songfest"

f:id:flea86:20181028201817j:plain

東京の6人組ポップバンド・yuleの初ワンマンライブに行ってきました。
yuleは社会人バンドゆえに活動ペースが遅く、それに伴ってファンベースの広がりも遅い(ただしハマった人はずっとハマり続けている印象がある)ので、今日のワンマンの会場も小箱である渋谷7th Floor。しかし、そこで鳴らされた音は小さな空間を遥かに飛び越えて、多種多様な場所に響くべき力強く壮大なポップ・ミュージックでした。

f:id:flea86:20181028202604j:plain

ライブはEPで聴いていて"こういう始まりだったら最高だろうな…"と思っていた「白い家」→「KINGDOM」でスタート。わかってるぅ〜!
yuleのマルチタスクマン・Iwaoさんは早速グロッケンを叩きながらシンセを弾くダブルワークをこなします。会社に一人はこういう人材がほしいですね。


1stアルバムからの楽曲も、アレンジが効いていていい感じ。yuleのアクティブアニオタ・magさんによるギターの音作りと、6人でまとまるところと1人の音を引き立たせるところを上手く撰り分けているのが良かったような。まだまだ荒っぽいけれど、クリアに聴こえるべきところはすごくクリアに聴こえました(Reiさんのボーカルなど)。


yuleの妖精お姉さま・Annaさんによる和み系MCのあとは、新作EPの肝と言える2曲。
「サンライトソング」はAnnaさんが「一緒に歌ってくれたら嬉しい♡」と呼びかけていたものの、みなさん椅子席ですっかり落ち着いてしまっていて、せいぜい手拍子のみ…。この曲はもっと飛び跳ねたりして楽しみたい!ので、次はオールスタンディングの会場で聴きたいですね。
続く「Music」はIwaoさんのリコーダーが最高。まさに"グッドミュージックが溢れ出して"、我々のそばに届いていました。

おそらくワンマンでしかありえないmagさんのMCのあとは、密やかで、しかしダイナミズムも備えた楽曲が続きます。「It's dark outside」のアウトロは、完全に激しい時のSigur Ros。magさんのボウイング奏法もここで披露されました。本当にいろんなことが出来るバンドです。


3曲前後で行われてきたマイクリレーは、ついにフロントマンであるyuleの口下手エモ吟遊詩人・Reiさんのもとに。相変わらずの口下手ぶりでしたが、それがもう一部のお客さんにはすっかりお馴染みになっていて、今日一番の和みタイムになっていました。それでも、いろいろと考え抜いた結果として出た"この6人でやれば、yuleのやりたい音になる"という言葉には、はっきりした決意と未来が感じられました。


終盤は「Morgenrot」ののち、yuleの音楽の幅が大きく広がったきっかけとも言える「ゴーストタウン」。ゴーストといえば、この日はハロウィーン。渋谷の喧騒にはどこかなんとなく盛り上がっているだけの空疎さが伴っているような感覚がしていましたが、この曲も楽しげな曲調の裏で目標物を見失ったまま揺らいでいる者たちへの問いかけが含まれているような気がして、この日にぴったりだと思いました。こういう二面性のある曲、本当に好きです。


本編ラストは「羊が眠る頃」。この曲はライブで聴くたびにクライマックス感が上がっていきますね。終盤のReiさんの歌には、これまでのReiさんの想いの丈が詰まっているようでかなりグッときました。


一旦はけた後、アンコールはReiさんがシンセを操る「Whenever」から。マイクはyuleのスーパーセールスドラマー・fumiさんに渡り、超丁寧な御礼と軽妙なトークで締め感出てきたところで「sleepless sleep」、そしてフォーキーな「バルカロール」で大団円。トータルで1時間15分くらいだったでしょうか?ずっと楽しくて、満ち足りた時間でした。


yule "Songfest" @7th floor, 28/10/2018

(SE.) 白い家
KINGDOM
Symbol
starry song
- AnnaさんMC
サンライトソング
Music
- magさんMC
hope.
It's dark outside
call
- ReiさんMC
Morgenrot
ゴーストタウン
羊が眠る頃
(en.)
Whenever
- fumiさんMC
sleepless sleep
バルカロール

https://open.spotify.com/album/6v8pqC8fiiVxw44mdO9w0B?si=rb58iw-2QL-CGbEe1mP8og

exPoP!!!!! vol.114

f:id:flea86:20181026001934j:plain

いろんな人たちに囲まれて聴く音楽は良いですね。ライヴはやっぱり素晴らしい。

マスドレ

Sugar
New Order
She is inside, he is outside
かくいうもの
YAH YAH YAH
スローモーションリプレイ
ワールドイズユアーズ
(en.) ベアーズ

というセットリストで、直近のツアーをギュッと凝縮したような感じでした。
菜津子さんはこの日、宇多田ヒカルのチケットが取れたのがよほど嬉しかったのか?いつにも増してイキイキしてました。オグさんも手拍子煽ったり、いさおさんもメガネ吹っ飛ばしながらそれぞれ爆演。短い時間でしたが、素晴らしかったです。

OGRE YOU ASSHOLE @ 日比谷野音大音楽堂

f:id:flea86:20180917200717j:plain

クアドラフォニックライブ=会場の4方向から音を出すライブ、というコンセプトでしたが、結果的にオウガの圧倒的力量に押し切られたライブになりました。

17:00開演時は外もまだ明るく、天候もまだ曇り空のまま保っていました。
特にSEもなく、フラッと現れた4人。最初は全員がシンセの前につき、4カ所のスピーカーからそれぞれの音を鳴らします。

MASS OF THE FERMENTING DREGS "No New World"リリースツアー @横浜B.B.Street

今年、8年振りの新作をリリースしたMASS OF THE FERMENTING DREGSのリリースツアー横浜公演に行きました。
対バンはASPARAGUS。「マスドレ×ASPARAGUSの2マン」なんて、字面だけ見ると何年前の話だ?と言われそうですが、両者とも時代を貫く情熱とポップネスがあって、古さ・懐かしさを感じることはありませんでした。

f:id:flea86:20180909225837p:plain

関内にあるB.B.Streetは駅前ビルの12階。こんなところにあるライブハウスは初めて行きました。
「天国に一番近いライブハウス」がキャッチコピーとのことで、ASPARAGUS渡邊忍さんも景色の良さをMCで言及していました。
ビールもハートランドが寸胴みたいなグラスで出されて面白かったです。

                      • -

先攻はASPARAGUS。観たのはLOSTAGE五味さんがTwitterのアイコンイラスト本を出版したときの記念イベント以来なので、実に7年振り?
バンド自体はこの間動いたり止まったりしていたように思いますが、それでもやっぱり「3ピースのシンプルなロックバンドらしさ」と「抜群のメロディーメーカーぶり」の両面が今日もバランス良く発揮されてました。後者については木村カエラの楽曲を今も書いている人がフロントマンなので、当たり前といえば当たり前ですが。
このロックバンドらしさとポップさは、マスドレにも共通するので、この日の2マンはぴったりな組み合わせだと感じました(オファーを出したのはマスドレのドラムス吉野さんとのこと。ありがとういさこんさん!)


マスドレは活動再開後2回観る機会がありましたが、新作リリース後は初めて観るライブ。新作の楽曲はまだまだこれから浸透していくのかな…?という感じでしたが、演奏自体はどれも素晴らしい出来。特に「Hu Hu Hu」は良かった。今後が楽しみです。
「ベアーズ」で投げられるカスタネットもゲット!これで累計3個目。まだまだ沢山ゲットしたいので、ガンガン活動してくださいねマスドレ様!


Sugar
New Order
She is inside, he is outside
かくいうもの
だったらいいのにな
YAH YAH YAH

スローモーションリプレイ
Hu Hu Hu

エンドロール

たんたんたん
delusionalism
ゼロコンマ、色とりどりの世界

あさひなぐ
ワールドイズユアーズ
ベアーズ

(en.) ハイライト

東京JAZZ the PLAZA フリーライブ (day2)

開催17回目を数える都心のJAZZフェスティバル、「東京JAZZ」のフリーライブステージである"the PLAZA"(代々木公園けやき広場)に行きました。

行ったのは2日目の後半。日程が合ったのもありますが、何よりメンツがいい。
民謡を新解釈で楽しませる「民謡クルセイダース」、
クロスオーバージャズシーンに現れた新星ピアニスト「桑原あい ザ・プロジェクト」、
そしてシンガポールからのネオソウルバンド「The Steve McQueens」。
三者三様でありながら、既存のJAZZの枠に囚われない演者たち(民クルはそもそもジャズからはかなりの距離があると思いますが…)。これがタダで観られるなんてお得すぎます。


f:id:flea86:20180901214031j:plain

ライブステージは他のイベントとの兼ね合いもあってか、けやき並木の中途半端な位置に導線を半分削るような形で設けられていました。しかし音響はかなりしっかりしたスピーカーを使っていて、さすが東京JAZZ!と思いました。

まずは民謡クルセイダース。フジロックで深夜のクリスタルパレステントを盆踊り大会に変えた彼らですが、今日はお客さんの年齢層が高いせいもあって大人しめな盛り上がり。それでもギタリスト兼リーダーの田中克海さんが積極的に煽ったこともあり、アンコールの「炭坑節」では会場全体の手拍子に"ハァ〜ヨイヨイ!"の掛け声が広がっていました。
フジロックみたいなハチャメチャな空間にならなかった分、今回はしっかり"聴いて"楽しめた民クルですが、民謡は短いフレーズを何回もリピートするのでだんだんとトリップ感が生まれてくることに気がつきました。このトリップ感はジャズでも存在するので、思わぬ民謡とジャズの共通点発見!でした。


続いて桑原あいさん。「私、雨女どころか災害女なんですよ!すいません!」と笑わせていましたが、天候は実際、雨。フラッと観に来たお客さんが多いので普通に傘を差す人多数、そのためステージはほとんど目視できませんでしたが、目で見なくてもピアノを弾く姿の躍動感が伝わる音でした。若さ溢れまくり。
この日は鳥越啓介さん(b), 千住宗臣さん(ds)という手練れの方々とのトリオ編成でしたが、その一方でクロスオーバージャズシーンを代表するドラマー・石若駿さんとのデュオ編成でアルバムを作っていたりもする桑原さん。これからのシーンでどのような存在感を示して行くのか、期待大です。


この日ラストはThe Steve McQueens。アルバム聴いた段階から思っていましたが、本当に欧米でも最前線クラスに位置できるレベルの音。小さなステージじゃなく、例えば国際フォーラムのような大きくてしっかりした会場で観たくなりました。
バンドの演奏は紅一点ヴォーカルのGINNY BLOOPがバンマス役も果たしていて、まるで彼女がバンドもお客さんも全て操っているかのような感じでした。こんな妖艶かつパワフルなフロントマン、なかなかいないです。
最後には雨も止んで、大歓声の中で〆。これ、天候に左右されない翌日のWWW公演はフロアも含めてもっとすごいことになるはずです。

f:id:flea86:20180901220805j:plain