読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DO-MANNAKA de Alternative

走るポップ・リスナー、その魂のゆくゑ

Q2 年末イベント(MASS OF THE FERMENTING DREGS, etc) @下北沢GARAGE

ライターなどで活躍している三宅正一さんオーガナイズのイベントで、今年のライブ〆め。

f:id:flea86:20161229193648j:plain
このタイムテーブルからも分かる通り、マスドレが(ゲストを除いた)トップバッターにしてヘッドライナー。
私も昨年、同じ下北沢GARAGEでマスドレの4年振りの活動再開ライブを観て、それ以降「また観たい!」と思いつつもなかなか機会が合わなかったので、ここで1時間とってくれたのは嬉しかったです。

ライブは「RAT」「かくいうもの」と爆走する2曲で荒々しくスタート。そこから少しポップな「まで。」、タイトルに反して尖りまくる「サイダーと君」と、爆音の中に様々な表情を見せてくれます。ここまでの3人の演奏は言うことなし。昨年のライブはやはり探り探りで、小倉さんのギターにもやや違和感があったのですが、今日は自信満々のプレイで、ギターの音も自然に溶け込んでいるように感じられました。ドラムの功さんも、メガネを飛ばしながら叩きまくる。

フロアの方は一応”ソールドアウト”とのことでしたが、みなさん観たいアクトに合わせて来ているのと、各々の都合があるので(私もマスドレ後はCICADA少し観ただけで時間切れ)、昨年のように満杯ギュウギュウではなく、ややゆとりある感じ。モッシュが起きる気配もなかったですが、熱心なファンの方々がガンガン頭振ったり長渕ばりの拳突き上げで応戦していて、私も安心して盛り上がれました。

中盤からは新曲も。最初にやった曲(「だったらいいのにな」?)はマスドレにしてはパンクな曲調だけれど、菜津子さん&功さんによるポップなコーラスも印象的。続いて、ステージに出てもまだやるかどうか迷っていたという初披露の「シガー」(セットリストにも「ONEDAY or シガー」と書かれていました)。菜津子さんの女性っぽさと、バンドの強さの両面が押し出された一曲で、お客さんからも「めっちゃいい曲…!」というつぶやきが漏れていました。確かに、本当いい曲。早急に音源化希望です。

初披露の曲のあとは、再始動後はほとんど?全く?やっていないはずの「さんざめく」!初期からある曲ですが、音源としては現時点で最も近作の『ゼロコンマ、色とりどりの世界』のラストに収録されているという、活動停止前のマスドレの歴史を集約するような一曲。これをやってくれたのは胸熱でした。

続けて「エンドロール」。この曲が今日最も「マスドレ、完全復活!!」を感じた曲でした。歌無しで10分近くある曲ですが、全くひとときも集中力が切れずに、こちらをジワジワと引き込んでいく。一年前、同じステージで自分の曲のコードが分からず苦笑いしていた人と同じ人がいまここで演奏している、というのがちょっと信じられなくなるくらい。

最高の「エンドロール」のあとは、少々告知タイム。3ヶ月ごとに日曜昼にワンマンをやること(活動停止前のファンが社会人になってなかなか平日や日曜夜に来れなくなっていることに配慮して、とのこと*1 )、そして待望の音源リリース(7inchシングル)。そこに収録される「スローモーションリプレイ」は、もともと菜津子さんが弾き語りでやっていたこともあって、歌メロが激烈にポップ。しかしきちんとマスドレの曲になっていて、改めてこの3人の音が揃うと凄いんだな、と実感。ちなみに7inchはライブ会場と大阪のFLAKE RECORDSでの500枚限定販売とのこと…はたして、買えるでしょうか?いや、なんとかして買う。

終盤は「delusionalism」と「ワールドイズユアーズ」で大疾走、ラストは絶対の「ベアーズ」。菜津子さん、変わらずのカスタネット両手持ち。そして、フロアを一瞬一瞥。

「くる・・・!」

と察した私は両手で猛アピール、見事に菜津子さんの手から私の元へカスタネットが飛んできました!!8年ほど前、柏のライブハウスでゲットして以来2個目のカスタネットです。嬉しい…!

そして「ベアーズ」は今日イチの爆発力、締めは菜津子さんが裸足でバスドラに乗っかって猛烈なラッシュを決めて完遂。素晴らしかった…!

マスドレは、例えば「まで。」や「サイダーと君」のように、曲の中にいろいろな感覚を含めて、それらを丸めて一気に聴衆にぶつけてくるワザが年々巧みになっていたように感じていましたが、それが活動停止でストップしてしまった。今回、バンドが再び動き出したこと、加えてメインライターの菜津子さんもある程度年齢を重ねたことで、様々な生き方の”色”をより多く楽曲に加えてくるような気がします(菜津子さんとほぼ同世代である宇多田ヒカルさんの最新作もそんな感じでしたね)。7inchのリリースは決まりましたが、現在録っているというアルバムのリリースも楽しみにしています。

*1:個人的には日曜昼は陸上のレースが入ることが多いので、正直普通に夜にやってくれたほうが都合がいいですが…まあ、とにかくライブを精力的にやってくれることを期待!