読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DO-MANNAKA de Alternative

走るポップ・リスナー、その魂のゆくゑ

3/3 ジョグ+オウガとミツメ

◼︎今日のメニュー
30分ジョグ(6km)

フルマラソンから4日、ようやくまともなペースで走れるようになってきた。再始動です。


◼︎今日聴いた音楽
OGRE YOU ASSHOLE × ミツメ @ o-nest

o-nest20周年企画。ありえそうでなかった、ちょっとメロウな2組の対バン。

先攻:ミツメ。川辺さんの声の調子が悪そうで、それに引きずられたのか、演奏も全体的にガタつきが目立った。内容は良くなかったけれど、個人的にはライブでなかなか聞けなかった「towers」をやってくれて満足。新曲はなんか「エロくないThe 1975」って感じだった。

後攻:オウガ。年末のワンマン同様、新曲2曲から「見えないルール」でスタート。かなり出音がクリア。良さげな予感。
MCで店長さんへの感謝を述べた後はラストまでノンストップ。「ムダがないって素晴らしい」と「素敵な予感」でのフロアの揺れ方が良い意味で気持ち悪くて素晴らしかった。「ワイパー」は、今後「ロープ」に代わる終盤の肝になりそう。最後は「誰もいない」。アンコールは当然発生するも、あっさり客電付いて終了。オウガはイベントや対バンだと絶対こうですよね。もう少しやってくれてもいいんだけどなあ。

オウガとミツメ、拠点もベースにある音楽も違うけれど、2組とも”浮遊感”というキーワードで繋がっていたように思う。まだまだ意外なキーワードで繋がるアクトってあるだろうし、それを20周年を機に実践・提示しようとしているo-nestのスタンスは素晴らしい。今後も応援したいライブハウスです。

f:id:flea86:20160304125322j:plain