読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DO-MANNAKA de Alternative

走るポップ・リスナー、その魂のゆくゑ

1/18 レース

■今日のメニュー
千葉マリンマラソン(ハーフ)
73'02"=PB(16'37”-16'56”-17'41”-18'05”-3'41”)

 サマソニを愛する自分にとっては「ホーム」とも言えるQVCマリンフィールド発着の大会。
 前半は追い風に乗る。早過ぎじゃないか?とも思えたけど、無理して動いてはいないのでそのまま行く。
 後半、折り返してから早速ものすごい向かい風の洗礼。でもすぐに風よけのランナーを見つけられてよかった。その後も機を見て風よけランナーを何度か利用。つくか、切り離すかの判断が今日はかなりうまくいった。
 14㎞付近からの稲毛の公園ゾーンは「風が遮られるから走りやすい」と聞いていたけれど、実際は細かいカーブが多くて意外に難所。でもテンポを崩さないようにしたらうまく乗り切れた。
 ラスト4㎞はものすごい暴風。このまま風よけ使って行こうかと思ったけど、タイムがやばいので致し方なく前に出る。マジで風がヤバい、止まりそう。いや実際は止まりはしないけど、平坦なのにずっと登り坂を走っているみたい。とにかく、しゃむにに頑張る。
 ラストのマリンフィールドのゾーンに入ってからは「やばい、Marine Stageでお目当てのライヴが始まってしまう!急げ急げー!」と思い込んでタイム短縮を狙う。実際、これでちょっと上がった(笑)。加えてこの時、頭の中ではArctic Monkeysサマソニ2014のヘッドライナー)の'R U Mine?'が自然と爆音で流れてました。こうなりゃもう、全力でマリンフィールドに駆け込むしかない!
 そんで時計見たら、自己ベストのタイムにギリギリ間に合ってた。よくこんな暴力的コンディションで出せたなあ。ありがとうサマソニ、そして多数の風よけランナーの皆様。
 「今日でこのタイムなら、71分くらいは行けるよ!」と、先輩からお墨付きを頂けたので、次はさらに上を狙いに行く。別大2週間前にしっかり追い込んでおくという「めあて」もクリアできたので、今後に向けて良い弾みとなるレースになった。


■今日聴いた音楽
Arctic Monkeys - AM
 というわけで、振り返りとして早速聴く。ダメ男のヘヴィ・ブルースが、こんなふうに健全な心の推進力になるとはね。やっぱり音楽って不思議だ。

Four Tet - There Is Love in You
 帰りにユニオンでアナログを衝動買い。全体的な音の美しさに加え、子どもの楽しげな声をサンプリングしているなど、エレクトロでありながら機械的ではなく、人の心を大切にしていることが透けてみえる一枚。心のぬくもりにホッとし、ちょっとホロリときてしまった。特に「Sing」、良い曲。

There Is Love in You

There Is Love in You