DO-MANNAKA de Alternative

走るポップ・リスナー、その魂のゆくゑ

SUMMER SONIC 2019 day2 Part.2

ここからはメッセに移動。
マリン→メッセの歩道は、マキシマムザホルモンなどの黒バンTシャツを着た人の大移動中でした。やはりこの辺の層が今日のサマソニをチケットの売れ行き面を支えてくれてましたね。


Tom Walker(@Sonic Stage, 14:10〜14:50)

ほぼ同時間帯のceroと悩みましたが、めったに観れないものを観ておきたい!という思いからTom Walkerをチョイス。
音源聴いた感じでは、いまUKで爆売れ中のLewis Capaldiのように1曲1曲淡々とやる感じかな?と予想していたのですが、いい意味で予想を裏切られました。オーディエンスの反応をしっかり見ながら、ステージ左右に歩み出てアプローチをかけていくステージングは集まったお客さんたちを確実に盛り上げていましたし、楽曲も「タメ」と「キメ」がしっかり効いている。特にラストの「Leave a Light On」は、ビッグバンともいうべき爆発力がありました。
UKではチャート1位も獲り、大きなステージも経験しているだけに、今後日本でもメインステージに登れるようになってくれたらいいな…!という希望を抱くには十分なパフォーマンスでした。


Deaf Havana(@Rainbow Stage, 15:10〜15:20)

ビーチから走ってきたこともあって、ここで一旦休憩。着替えてからカロリーメイト(←私にとってフェスに欠かせないアイテムのひとつ)をモシャモシャやりながら軽く観ました。
もともとハードコアバンドだっただけに演奏のパワーはありましたが、それが曲の良さに直結しておらず中途半端な印象。もろにKings of Leonな「Holy」など、アイデアも限られている感じがして、正直「この先難しそうだな、このバンド…。」と思ってしまいました。変化するなら、この後登場するBring Me The Horizonのような思い切りと明確なメッセージ性がないと厳しいかも。


Coin(@Sonic Stage)

ここで観れなかったら次はない!絶対観ないと!くらいの心持ちで臨んだCoinでしたが、1曲目の「Growing Pains」から「なんか音、薄くないか…?」という違和感が。シンセサウンドを生かしたポップな音が持ち味のはずなのに、シンセは1台しか置かれていないし、それもほとんど弾かないんですよね。残念。
最近はTRAPばかり目立っていたアメリカも、ここ最近は一周回ってCoinやWalk The Moon、A R I Z O N Aのようなポップなロック復活の兆しが見えてきました。しかしその一方で、どんどんスケールが大きくなっていくR&BやHIP HOPのステージングには追いつけていない印象があるので、そこらへんと対等にやり合えるようになれば本当の復活になるのでしょう。

f:id:flea86:20190822213406j:plain
△Coin

Machine Gun Kelly(@Mountain Stage)

というわけでCoinを途中で切ったことにより、最初から観れたMGK。冒頭から中指フ◯ック画像が大量に現れ、音的にもハードロック的手法を駆使した攻撃力の高いHIP HOP。ただその背景にはMGK自身の苦しい過去や忌まわしい思いが滲んでいるようにも感じました。自らビールをこぼして作った輪の中でのたうち回るMGKの姿は、刺激的なパフォーマンスを飛び越えて、悲痛さも伝えるヘヴィなシーンのひとつだったと思います。


Tash Sultana(@Sonic Stage)


f:id:flea86:20190822213449j:plain
△Tash Sultana

f:id:flea86:20190822213532j:plain
f:id:flea86:20190822213558j:plain
Red Hot Chili Peppers