読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DO-MANNAKA de Alternative

走るポップ・リスナー、その魂のゆくゑ

POLYSICS「トイス感謝祭」 @新宿ReNY

f:id:flea86:20161022092145j:plain

POLYSICSのライブは相当久々。ワンマンは『Oh!No!It's Heavy Polysick』のツアー以来でしょうか?スケジュールが合ったのと、チケット代が安かった(トイス価格で1,013円!ポケベル!)ので、行くことに。
新宿ReNYは初めて行くハコ。V系バンドやアイドルがよくライブをやっているイメージ。ステージが見やすく、半円形の客席をぐるっと囲むLEDモニターが印象的でした。Devo「Mongoloid」のDOPEなMixが流れる中、開始を待ちます。

1曲目は企画名に合わせて「Toisu!」。そこから「Toisu!」が収録されている『Now is the Time!』から「Tei!Tei!Tei!」「シーラカンスイズアンドロイド」と連打。Now is~はポリにとってのステップアップ作だし、自分もお気に入りのアルバムなので、この流れはアガりました。

序盤からとにかくバンバン曲を繰り出す。個人的に印象的だったのは、最新作からの「Funny Attitude」(アイドルポップっぽいコーラスが無性に弾けさせてくれる)と「Genki Rock A-B-C!」(これやったの、いつ振りだろう?超レア)。フロアのテンションも右肩上がり。床がかなり揺れるので、ちょっと不安になる(苦笑)。

ハヤシのMC。だいぶ変わったな~と思ったのは、ステージの中央前方まで出てきてお客さんとコミュニケーションを取りながら喋るようになっていたこと。元々のポリのMCといえば、伝説の"4人同時MC"に象徴されるように「別に伝えることなんかねえよ、それより曲だ、曲!」みたいなイメージ。だんだんとまともに喋るようにはなってきていましたが、ギターも持たずにステージ前方まで出てくるようになっていたとは思いませんでした。アイドル(ゆるめるモ!)の楽曲制作などを通じて、ファンサービスというものへの理解が出てきたから、でしょうか?でも噛み噛みなのは相変わらず(笑)。


(ハヤシ作曲・プログラミングのゆるめるモ!「hamidasumo!」)

ちなみに今日のMCで一番笑ったのは、ハヤシが20周年ライブを豊洲でやることを発表した後にフミさんが発した「盛り土して、お待ちしてます」。時事ネタ!(笑)

中盤には、事前に公募していた「トイス!」の音声データを使ってのサンプラーミックス大会。ベーストラックはクラフトワークで、付けられたタイトルは「Toisu Non Stop」。個人的にはめちゃくちゃウケましたが、周りのお客さんの間ではそれほどでもなかったかな?でもこういうお客さんの需要無視で面白そうなことを好き放題やる姿勢がPOLYSICSの魅力だし、大好きなところです。この流れから「サニーマスター」や「Time Out」などを断片的に使いながら、最終的にハヤシとヤノのカラオケ大会に持ち込む流れも最高。ナイスなニューウェーブ・ディスコでした。

後半戦はライブで盛り上がる曲を10曲近く乱打。ポリのアンセムともいえる「Let's ダバダバ」が全くクライマックスにならないというところが、これまでPOLYSICSが生み出してきた楽曲の質と量の大きさ、そして衰え知らずのライブへの熱量を物語ってました。「ロボットマイムマイム」や「DTMK未来」のような新しめの曲もこの流れに含まれていて、これからもライブアンセムをバンバン作っていってくれそうな期待が高まりました。

アンコールでは、個人的にライブで初めて聴く「You-You-You」が!この曲、シングルなのにほとんど演奏されないので貴重です。とはいえ、カヨさん卒業後は演奏されていない曲もまだまだたくさんあるので、そういった曲もこれから20周年に向けてガシガシやっていただきたいところ。そして、あの武道館の約束もそろそろ・・・?とにかく、これからのPOLYSICSのライブに更なる期待が持てる感謝祭でした。

f:id:flea86:20161022092215j:plain