読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DO-MANNAKA de Alternative

走るポップ・リスナー、その魂のゆくゑ

TOKYO M.A.P.S (day1)

J-WAVE六本木ヒルズは、音楽、アート、パフォーマンスなど様々な表現を発信するイベントを、 2008年のゴールデンウィークより始動しました。J-WAVE六本木ヒルズがこれまで取り組んできた文化発信を、 より多くの方々が身近に体感・参加できる、特別プログラムイベントを、毎年5月のゴールデンウィークに毎年開催します。 それが、TOKYO M.A.P.S。

TOKYO M.A.P.S それはまさに「東京の地図」です。
しかしその地図には道も場所も記されていません。
しかも一枚ではありません。紙ですらありません。
その地図はMusic. Art. Performance.の地図です。
その M.A.P が複数(S)集まり、
Showcaseの中でSpecialなStreamとなってSessionするSeries。
それがTOKYO M.A.P.Sです。

(公式サイトより)

東京のGWの音楽イベントといえばラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポンかTOKYO M.A.P.Sと相場は決まっているのですが、今年はラ・フォル・ジュルネのプログラムがイマイチなので、TOKYO M.A.P.Sに専念。

今年のプログラム・オーガナイザーは、GLAYラルクのような超大物から、デビューしたばかりの新人まで幅広くプロデュースしている亀田誠治さん。
とにかく繋がりのあるアーティストが多いだけに、過去のTOKYO M.A.P.Sの中でもかなり豪華なラインナップ。同日開催の予定だったJapan Jamが中止になったことも重なり、今日が来場者数過去最多だったのではないでしょうか。常にアリーナエリアから人がハミ出すほどの大盛況でした。

f:id:flea86:20160504235546j:plain

出演アーティストは、出演順にMrs. GREEN APPLE、在日ファンク、水曜日のカンパネラ、フラワーカンパニーズ大原櫻子、EGO-WRAPPIN'。フラカンの楽曲は長年度々耳にしますが全く好きになれないので今回はパスして、他の5アーティストを観ました。

「ザ・J-ROCKバンド」なMrs. GREEN APPLEや、「ザ・J-POPシンガー」である大原櫻子さんのような普段絶対聴かないようなアーティストのライヴを体験できたのは、いい経験になりましたね。いろんな「シーン」に好奇心を向けてみると、いつも曖昧なままにしてしまっている「良い音楽」の感覚的定義がだんだんはっきりしてきます。

その集大成が、ヘッドライナーのEGO-WRAPPIN'でしたね。今日のエゴは凄かった。新しい曲も昔の曲(久保田早紀「異邦人」のカバー含む)も、盛り上がる曲もしっとりした曲も、ヴォコーダーを用いたエレクトロな曲もメンバー2人だけのアコースティックな曲も、等しく高い熱量が込められていて、それがパフォーマンスを通じて聴き手に沁み込んでいく。結成20周年を迎えて色んな経験をしてきたから…というのもありますが、これからも良い音楽をやっていきたい、という意欲がこの熱量を生んでるんじゃないかな?と思いました。

まあ、結局は伝えたい意欲と、伝える方法を持っているかどうか。これが「良い音楽」の数少ない、しかし究極の条件だと思います。
このことはジャンルやシーンを問わないから、亀田誠治さんもそういったものに拘泥せずに幅広くプロデュースを手掛けていっているのではないかな、と感じました。

f:id:flea86:20160504235618j:plain

さて、TOKYO M.A.P.Sは明日の2日目に続きます。
亀田誠治さん、今日の最後のあいさつで「明日はもっと盛大な祭りになるよ!」と言ってましたが、もしかすると亀田さんつながりの超大物ゲストがやってくるのかも。明日はペトロールズもSOIL & PIMP SESSIONSも出演予定ということは・・・もしかしてもしかすると、あの大物歌姫・・・!?
もうとにかく、早くイベントの続きを体感したい!楽しみです。

ROUTE 20 HIT THE ROAD [ Ego-Wrappin' ]
価格:3996円(税込、送料無料)